「第2回九州DIYリノベSTUDY2016」公開勉強会 開催決定

「第2回九州DIYリノベSTUDY2016」公開勉強会が開催されます!
詳しくはここをCHECK

第1回テーマ “DIYリノベによるまち活性化の福岡的特長は何なのか?”
その答えの一つは、私たちの存在が福岡の動きそのものだったという、考えてもなかった「猿の惑星」的西野先生の見解にみんなで驚いたところで、今回はより広域な目線で「第2回九州DIYリノベSTUDY2016」公開勉強会おこないます。
奮ってご参加下さい!

スクリーンショット 2016-09-06 8.59.53

【イベント詳細】

■日時:2016年9月16日(金)16:00~18:30(受付15:40~)
■会場:リノベーションミュージアム冷泉荘1F特設会場(福岡市博多区上川端町9番35号)
■テーマ:「DIYリノベ が誘導する地方都市活性化の可能性 ~九州編」
司会:吉原住宅/スペースRデザイン 代表取締役 吉原 勝己
① あんぐら不動産探検隊長 ASTER代表   中川 正太郎氏(熊本県熊本市)
② 不動産再生白魔術師 f-garage・むなかたシェアハウス 谷口 竜平氏(福岡県宗像市)
③ 木工の町をクリエイターの町に! 88’s garage 大工 池上 じゅん氏(福岡県大川市)ほか報告者選考中

■参加費: 3,000円 (プチ懇親会費込)
■主催:NPO法人福岡ビルストック研究会 
■協力:不動産経営者の会「オーナー井戸端ミーティング

■その他の申込先 スペースRデザイン webイベントコーナー  http://www.space-r.net/event

■概要
古い建物を価値あるものに転換するビンテージビル文化から、まちの活性化を提唱する NPO法人福岡ビルストック研究会は、2003年よりリノベーション研究を進めてきた中で、近年新たな場の価値付加改造法として民間賃貸物件の「DIYリノベ」に可能性を見出だし取り組んできました。
その可能性とは、
●従来にない、より高品質なデザイン ●コスト削減による不動産利用ハードルの低減 ●ワークショップによるコミュニケーション促進効果 ●物件へのさらなる愛着の醸成 ●原状回復での発想の転換による部屋の長寿命化 ●新築を超えるほどの賃料等への高付加価値効果
といった、建築空間のハードとソフトの付加価値を高めるメリットが確認されています。
このように賃貸の住まいと文化の根幹を変える可能性を持つ「DIYリノベ」。そこで、その可能性を多角的に検討するため、大阪市立大学 西野先生をアドバイザーにお迎えし、DIYと賃貸と暮らしと経営のかかわりを考えるのが「九州DIYリノベSTUDY2016」公開勉強会です。
7月のチームネット代表/関東学院大学客員教授 甲斐徹郎先生のご講演をきっかけに。第1回は8月26日(金)大阪市大 西野先生とまずは福岡エリアの検討会。第3回10月15日(土)は大阪の先進事例視察ツアー。
フィナーレは、11月7(月)~13日(日)「福岡DIYリノベWEEK」の実践イベントにつなげます。
参加者の皆さんとこれからの暮らしの価値を見つけたいと思います。皆さま奮ってご参加ください。

5b1d0ca1da79fa0eb3708861f99788ca